メルマガアフィリエイト超初心者にとって最も困難と考えられる初期段階に関する有益情報を発信。

イメージ解説・オプトインアフィリエイトとは

イメージ解説・オプトインアフィリエイトとは

◆オプトインアフィリエイトは、
「無料オファーアフィリエイト」とも呼ばれます。

オプトインとは承諾という意味です。
オプトアウトとは断るという意味です。
オファーとは申し出るという意味です。申し出、提供、提案。

オプトインアフィリエイトとは
無料案件を扱うアフィリエイトです。

報酬(紹介料)は顧客のアドレス登録(オプトイン)をもって発生します。

すなわち
無料案件提供者の運営するウェブサイトの読者登録欄に、
顧客がメールアドレスを登録した時に、
アフィリエイト報酬が発生します。

有料物販のように商品が売れるという必要はありません。
この点が物販などの有料商品のアフィリエイトと異なる点です。

オプトインアフィリエイトとは
広告主が無料案件(無料商品)を提供して
見込み客のアドレスを集める方法です。

広告主が提供する無料情報(無料商品)と
顧客のアドレス登録(広告主のメルマガ読者となることの承諾)
との交換を目的としたアフィリエイトプログラムです。

◆登場人物は4人です。

  • 広告主(無料案件提供者)
  • 顧客(見込み客、メールアドレス保有者)
  • アフィリエイター(無料案件を見込み客に紹介する人)
  • ASP(広告主とアフィリエイターの連携に関するサービス会社)

アフィリエイターの立場からイメージすると、
オプトインアフィリエイトとは
無料の商品(無料情報商材などが多い)を紹介して
成果報酬(コミッション)を得ることが出来るアフィリエイトです。

しかもこの場合
物販アフィリエイトや有料商材アフィリエイトのように
商品が売れる必要はなく、
顧客のメールアドレスの登録(無料)があれば
報酬が発生します。

その意味では取り組みやすいアフィリエイトプログラムです。

もちろん自己の保有する顧客アドレスリストが枯れる(流出する)というデメリットもありますが。

広告主の立場からイメージすると、
価値ある無料商品(フロントエンド商品)を提供して、
顧客のメールアドレス(見込み客)をたくさん集めることができる方法です。

その後メルマガを見込み客に配信して、
本来の目的である本命商品(バックエンド商品)を
販売することが目的です。

顧客の立場からイメージすると
自分のメールアドレスを登録するだけで、
価値あるノウハウ情報などを無料で学ぶことが出来ます。

◆フリー戦略とは

広告主は、顧客(見込み客、お客さん)を集める必要があります。

顧客は、有益な、かつお金のかからない情報を探しています。

アフィリエイターは、紹介しやすくて、
報酬が発生しやすい案件を探しています。

ASPは、広告主とアフィリエイターを
たくさん集めたいと思っています。

無料オファー案件(オプトイン案件)はこれらの四者四様の希望に対応するフリー戦略(無料戦略)です。

その意味でwin・winの関係となっています。

フリー戦略(無料戦略)とは、価値ある物を、無料で、配るマーケティング戦略です。現在の日本のような、モノがあふれている、モノが売れない、成熟社会に効果的な手法です。


もし顧客が、無料案件を紹介するアフィリエイターのウェブサイトを経由して、広告主のウェブサイトにメールアドレスを登録することになれば、アフィリエイターは成果報酬を広告主からASPを通じて得る事が出来ます。

これがオプトインアフィリエイト(無料オファーアフィリエイト)の仕組みです。

◆オプトインアフィリエイトは初心者が取り組みやすいか?

なお、一般にオプトインアフィリエイトは初心者にとっては敷居が高いと言われています。メルマガ読者が一定数いないと、成果が出にくいということがあるからです。
メルマガ読者を多く持っている一部の人に成果が集中する傾向があります。
そのため初心者は集客にエネルギーを注ぐ必要があります。

一方、オプトインアフィリエイトは、初心者にとって取り組みやすいという人もいます。

  • 無料の案件を紹介するので、
  • また実際に商品が売れなくても「顧客のメールアドレスの登録」があれば、報酬が生まれるので、取り組みやすいからです。

以上がオプトインアフィリエイトの概念的イメージです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional