メルマガアフィリエイト超初心者にとって最も困難と考えられる初期段階に関する有益情報を発信。

超初心者の情報教材アフィリエイト稼ぎ方と手順



超初心者の情報教材アフィリエイト稼ぎ方と手順


▼情報教材アフィリエイトとは

情報教材アフィリエイトとは
他人の情報教材を紹介して、売れるなどの成果が出た場合には、
成功報酬を得ることが出来るというアフィリエイトです。

・情報教材アフィリエイトは
情報商材アフィリエイトとも言われ、
アフィリエイターの究極の到達点であると言われています。
アフィリエイターの最終ゴールという人もおります。

その理由は、報酬も高く、難易度も高いからです。

例えば一件売れると1万円とか。
100件売れると100万円とか。

なお、情報商材アフィリエイトは究極のスキルである一方で、
ネットビジネスにおける詐欺的な雰囲気を醸し出すチャンピオンでもあります。

特に素朴で善良な超初心者がカモにされるという
あやしい妖怪のような人たちがゲームをしながらうごめいています。

情報教材アフィリエイトは今岐路に立っています。
変化の過程にあります。

人々の役に立つように活動することを心がけることが望まれます。

・情報教材には稼ぐ系、ダイエット系、語学系、美容系、趣味系などの
多様なジャンルがあります。

ここでは最も多くの収益が見込める稼ぐ系の中の
情報教材アフィリエイトを取り上げます。

▼情報教材アフィリエイトの取り組み方と手順

現在の行われている一般的な方法について書いていきます。

1、ジャンルを決める(絞る)。

例えば稼ぐ系→アフィリエイト→情報教材アフィリエイト→・・・!

2、ASPに登録する

情報系のASPに登録し、気に入った情報教材案件を探す(検索する)

有名ASPには次のようなASPがあります。

  • インフォトップ
  • インフォカート

3、ホームページやブログやメルマガ(以上を媒体という)などで情報教材を紹介し、売れるという成果を待つ。
ここまでは普通のアフィリエイトと同じやりかたです。

しかし情報商材アフィリエイトの場合には簡単には売れません。
一般に高額なうえに、詐欺的な商材や、アフィリエイターの紹介文も大げさな場合が多いからです。

それに顧客の立場から考えると
商材作成者が信頼できる人か、
紹介者が信頼できる人か
顧客が本当に必要としているものか
サポートがしっかりしているか
などが分かりません。

そこでいろいろな販売戦略が工夫がされています。
一般につぎのようなやり方がなされています。

4、(レビュウ記事を書く)

レビュー記事とは、情報教材を読んだり実践したりした感想を書いた記事です。
アフィリエイターは顧客の信頼を得るレビュー記事を書くために実際にその情報教材を買って読み(アフィリエイターもお金がかかる)そして実践してみる必要があります(時間もかかる)。

教材を購入して、実際に読んだ感想や実践してみた感想、すなわちレビュー記事を書きます。

アフィリエイターは、
その教材が確かなものであることを伝える(レビュウ記事を書く)ことによって
はじめて購入に結び付けることができます。

なお
教材は一般の書籍のように書店で手にとってみる事が出来ません。
そのため顧客は中身がどういうものか分からないで買うことになります。
顧客は見てから買うのではなく、買ってから見ることになります。

そこから誇大表現や詐欺的商材が横行する一因が生まれます。

5、(特典の重要性)

購入者には特典(プレゼント)を付ける。

一般に特典を付けることが行われています。

特典を付けるのは差別化を行うためです。
差別化とは他の人から買わないで、その方から買った方がいいという意味です。

ただ特典をつければいいわけではありません。
その特典が買う方にとって役に立つことをきちんと説明することが必要となります。

このように考えると
情報教材メルマガアフィリエイトとは
価値ある特典付き商品とお金を交換することとも言えます。

特典としてアフィリエイトター自身のコンサルティングをつける人もいます(かなりの力量がいる)。


6、(集客の重要性)

  成果を出すためには、
  ブログの場合はアクセス、メルマガの場合はリストを集める、
  ということが重要です。

  集客は成果を生み出す最も重要なテーマとなります。
  リスト(メールアドレス)が多いほど成果が大きくなります。
  
  集客は情報教材アフィリエイトの中で、最も難易度が高く忍耐のいるテーマです。
  そこで自分のエネルギーの80%以上を集客にそそぐ必要があります。


7、(リストの属性)

  リストは単なるリストではなく、
  ターゲットを絞り込んだリスト、
  いわゆる濃いリストを集めます。

  その教材を買いたいと思っている人、そのような可能性の高い人
  のリストを集めます。

8、(成約率を高める方法1)

  その教材を買いたいと思っている見込み客は
  どんな人なのかを可能な限り絞り込むことが大切です。

  集客の場面でも、レビュウを書く場面でもです。

  メルマガを配信する場合にも、
  その絞り込まれた見込み客に向けて記事を書きます。

9、(成約率を高める方法2)

DRM(集客-教育-販売-フォロー)とコピーライティングを学んで、
集客能力と文章力を向上させます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional